塗装コラム

// Column //

  1. TOP
  2. 塗装コラム
  3. 外壁塗装の耐用年数について

Column No.05

外壁塗装の耐用年数について

Point.01

塗料における耐久年数

塗料自体の寿命を表す耐用年数は、その種類やメーカーによって異なります。一般的に耐用年数の短い塗料ほど価格が安く、長いものほど価格が高くなる傾向にあります。安いという理由から耐用年数の短いものを選ぶと、短期間にて劣化による耐久性能の低下が見られるため、結果的に塗り替えの頻度が増えてしまい、コストパフォーマンスは決して良いとは言えません。一般的な外壁塗装に使用される塗料を種類別に、耐用年数を下の表にまとめました。塗装工事における塗料の選定にお役立ていただければと思います。もちろん、どれを選んで良いか分からない際は、お気軽にご相談ください。

塗料の種類 耐用年数 価格と特徴
アクリル塗料 4 ~ 7 年 価格は安いが耐久性は高くない
ウレタン塗料 7 ~ 10 年 比較的耐久性があるがアクリル塗料より価格が高い
シリコン塗料 10 ~ 13 年 最も普及している塗料で機能性の高さが特徴
ラジカル塗料 13 ~ 15 年 近年開発された新しい塗料でシリコン塗料と同等の価格
フッ素塗料 15 ~ 18 年 トップクラスの耐久性を持つが価格が高い

Point.02

塗装の仕上がりは耐久年数にも影響する

塗料本来の性能を発揮させるためには、正しい方法で塗装を行う必要があります。塗装前の下地処理や塗膜の厚さは、塗装そのものの仕上がりや耐久年数に影響します。耐久性の高い高品質な塗料を選んでいたとしても、誤った塗装方法によって、その寿命が短くなることは珍しいことではありません。外壁塗装を行う際は、ひとつひとつの工程を
丁寧・確実に行う業者を選びましょう。技術があり丁寧な仕事をする業者であれば、塗料が持つ力を十分に引き出すことができるでしょう。

ここまでの まとめ!

今回のコラムでは、外壁塗装の耐用年数について紹介させていただきました。外壁塗装の耐用年数は塗料によって異なりますが、塗装方法によっては本来の効果が得られず、耐久年数が短くなってしまう可能性があります。環境や外壁の素材によって最適な塗料は異なるため、塗料選びは慎重に行う必要があります。
星那美装では、お客様のご要望・ご予算に応じた塗料のご提案をしております。外壁・屋根の劣化や雨漏りが気になっている方は、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

Greetings

"5年後から差をつける" をモットーに
本当に長持ちする丁寧な塗装工事を。
神奈川県伊勢原市を中心とした周辺エリアでの外壁塗装・屋根塗装・各種防水工事なら星那美装(せなびそう)へお任せください。一般戸建住宅からアパート・マンションに至る塗装工事全般に対応いたします。見た目をキレイにするだけでなく、お家を自体を保護して安心・安全な暮らしをお客様へご提供するべく、本当に長持ちする高品質な施工を心掛けております。

CONTACT

お問い合わせ

ご相談・お見積もり依頼はお気軽にどうぞ

代表直通

080-9171-6469

会社固定

0463-94-9677

営業時間

9:00~18:00